シアリスを飲む前にご自身の体調と副作用を確認しましょう

以前いい意味でも悪い意味でも一大ムーブメントを引き起こしたバイアグラとシアリスを比較してみると深刻な副作用は非常に少ないと言われています。 それでも、やはり医薬品ですので全くないという事はありません。 この代表的な症例として頭痛やめまい、ほてり、鼻詰まり、消化不良などがあります。 一般的な例として挙げられますが、それ以外にもかなりの筋肉痛や節々の痛み、鼻からの突然の出血なども、過去には報告されています。 これらは例えばジェネリックのシアリスでなくても勃起不全の改善や精力増強剤と言われるような薬局などでもあり得ることです。 そして、この服用の際の量をしっかりと守ったりしましょう。 このように体調管理をしっかりと丁寧に行う事で可能性を低く抑えることができると言えるでしょう。 いくらバイアグラやレビトラに比べて副作用が少ないと言われていてもです。 やはり、結局はこれらは医薬品であることを、こうして間違えずに記憶し頭から忘れないようにして常に注意しなくてはいけません。

逮捕されたクレジットカード現金化

副作用という問題以前にシアリスを服用できない方もいます

抱えている病気や症状によっては勃起不全の治療薬シアリスの副作用の危険性の前に絶対に飲んではいけない方もいます。
硝酸剤を使われている方。
心血管系障害で医師から激しい性行為を控える指示を何度か受けている方。
不安定狭心症がある方や以前に起こしたことがある方
心筋梗塞・脳梗塞・脳出血を起こしたことがある方(期間に関わらずすぐに医師の相談を受けましょう。)
コントロール不良の不整脈や低、高血圧の方
普段から通院していて重度の肝障害の持病がある方
網膜色素変性症の方
このような病気や症状が現在でも過去でもあった方は、無条件で副作用云々の前にシリアスの服用はしないようにしましょう。 完全に回復していて再発などの恐れがないと言い切れる方でも可能性が少しでもある場合は危険です。 そして、実際には病院で勃起不全を治療するどころか生死に関わる大事な問題になってしまう引き金となる場合もあります。

シアリスを使用して4時間以上勃起が継続する場合

シアリスで変化する効果は経口から服用してから36時間まであると世間では口を揃えて言われています。 これは刺激を受けた際に短時間で勃起をするということです。 嫌らしい性的な興奮を促すことはありませんし、結局はこれは何もない状態で自然と男性として勃起するという事も実は特にはありません。 ですから、36時間何も刺激がない状態で立ち続けるという事ではありませんので、確認し注意してください。 実際には長時間膨張し続けることは危険です。 ずっと続いてしまっているような場合は直ちに医師に面談の上に相談をしましょう。 副作用のこと以外にも他の医薬品との併用は危険ですので辞めましょう。 病院などで他の病気で新規に受診する際も勃起不全治療薬などを定期的に飲んでいることを羞恥心から隠さずに報告しましょう。 また、毎日立て続けに飲んでしまう事は自身の命の危機に関わる事もあります。 必ず1日1回だけ飲むとし24時間以上(腎障害肝臓などを抱えている場合などは48時間)は余裕をもってあけましょう。 他の勃起不全治療薬と比較しても副作用が少ない事は挙げられています。 それでも使用方法を誤ってしまうと危険です。


このページの先頭へ