話題の勃起不全ED治療薬シアリスのジェネリック商品とは?

多くの男性が悩みとして抱えているのが勃起不全EDで日本ではその数は四人に1人の割合と言われています。 近年、これに対する治療薬として話題になっているのが、このシアリスです。 バイアグラやレビトラと比較すると懸念する副作用が弱いという事や食事の時間などを気にしないでいい事です。 または36時間と効果が長い事が挙げられ一般的にも人気となっています。 しかし、オリジナルの商品は値段が高いため有効成分や効き目です。 もしくは品質が一緒で名前だけ異なるジェネリック商品を購入する人が増加しているのです。 有効成分であるタダラフィルを含むタダリスやタドラというシアリスとほぼ同じなのです。 効き目は同じと言える商品が安い値段で販売されています。 これには様々な理由がありますが、日本製薬の純正の商品は一錠2,000円前後です。 病院で処方してもらうので治療費もかかってしまうという事が1番の大きな理由なのかもしれません。 恐らく、最後に過去の消費量、使用頻度が高い方もいます。 そして最初に本当に効果があるかどうか一度でも試してみたいという方は、とりあえず、この一般的にはジェネリックを利用する方が割合的には多いようです。

ジェネリック医薬品は様々なジャンルで販売されています

勃起不全EDの治療薬としてシアリス以外にはレビトラが知名度が高いです。 ネットの個人輸入になりますがジェネリック商品はバリフが販売されています。 それ以外にも男性用の育毛剤などでも人気で売れている製品はほとんどの場合、後発で出てくるのが世間では当たり前になっています。 勃起薬としても有名なバイアグラもカマグラゴールド、カベルタ、シルデナフィルが販売されています。 結局はそれ以外にも類似品などを含めれば数えきれないほどのジェネリック商品が出ています。 そして、既存の種類としては、タドラ、タダリスSX、メガリス、タダラフィルなどが種類はあります。 これらは個人輸入で任意の量だけ個人利用の範囲で購入することができます。 一般的には、これらは本来の日本製薬より値段が安い事が特徴です。 ただし、医師の処方箋があって利用しているわけではありませんので危険を伴う事は忘れてはいけません。 やはり、これは初めはできる限りジェネリックではなく、これはお医者さんの相談の元、試してみるのがいいでしょう。

勃起不全EDの治療薬シアリスを定期的に使用する事

性交渉の頻度は年齢や人によって異なりますが、この症状に悩む30代、40代の夫婦ですと週に一度位は過去にも行われているのではないでしょうか。 そう考えると一錠2,000円位が相場のシアリスを一年間服用すると年間約10万円位は治療費に費やすことになります。 また単発で使用することよりもやはり定期的に服用していくことがベターですので(突発的に症状が良くなる事例は少ないため)、継続していくことが治療には良いと言われています。 そうなってくると金銭的な理由でもジェネリックを使用する人は多いのではないでしょうか。 年齢と共に完全に治るという可能性があまり高くない勃起不全EDという症状だけに、夫婦生活を良好な状態に維持するためにも治療費はかなり大きな問題となります。 医薬品として健康に大きく関係してくるものなので純正シアリスとジェネリックどちらを取るかは、最終的には個人の判断と責任になってきます。


このページの先頭へ