ED勃起不全は症状にいくつかの種類があります

最近では男性が抱える悩みで髪が薄くなることや加齢臭などとともに上位にいるのが、かつてインポと呼ばれたED所謂勃起不全です。 この症状も単純に勃起しないというだけでなく、様々なパターンがあります。 硬さが以前のように維持できない、SEXの最中にすぐに中折れしてしまうような残念な状態もED勃起不全と言えます。 これは全世界の男だけでなく、パートナーと満足できる性交渉を楽しみたいという女にも大きな影響を与えています。 以前までは誰にも言えない成人男性が抱える悩みでした。 これはバイアグラが登場しメディアでもかなり話題となり一世を風靡した後は一般的な言葉となっています。 シアリスも数あるEDのための治療薬の一つで、このような系統タイプの商品は日本だけでないのです。 今は東南アジアなどの海外からも輸入されるので偽装品なども多く存在しますので注意が必要です。 また副作用や発作などが起きてしまう可能性があります。 これは普通一般的に結果のデータを比較するとわかります。 そして、量や自分との体との相性なども考えてみましょう。 ここでは適切な行動をし、適切な使用をしなくてはいけません。

性機能障害SDの中の一つが勃起不全EDです

これはどういうことかというと性機能障害SDは五つのどうしても欠けてはいけないものがあります。 それが勃起、射精、SEX、オーガズム、性欲です。 この中の一個でも欠けてしまうと性機能障害SDという判断をするのが一般的です。 ですから勃起不全EDは、この五つの中の一つですので同じではありません。 また男性不妊症という風にも判断されてしまう事があります。 これは正常なSEXができるような状態でも妊娠できないことを本来この言葉は指すものです。 正常に満足できるSEXができない状態であるEDでは、不妊症とは言えません。 これが近年ではこの悩みを抱える男中年期だけでなく、これは20代でも性行為の悩みで多くなっている傾向にあります。 これは現代病のひとつとして捉えらえれています。 男性はこのような症状の治療薬としてシアリスは使用されています。 しかし、それだけでなく精神的な部分が原因であることは非常に多くあります。 これはEDの原因がパートナーである女であったという事は非常に多く報告されています。

EDになってしまったらシアリスが効果的

治療薬として以前では西洋のバイアグラ、現在ではシアリスがネットで話題になっていますが根本的な理由が勃起不全EDには他にある場合があります。 初めての性交渉の際に失敗をしてしまった事を引きずってしまっていて、今でも前向きになれないという自信喪失パターン。 この場合女性に言われた言葉や態度が理由となってしまっている場合も多くあります。 精神的にストレスを抱えてしまうことで勃起しなくなってしまうという例は多くみられています。 他には健康的な問題もあります。 勃起不全EDでは、長期に渡るタバコやお酒でのアルコールを摂取し過ぎることはやはり血管や神経を圧迫する理由ともなります。 シアリスのような薬はありますが、やはり基本的な生活習慣を治すことは非常に重要な事なのではないでしょうか。 性交渉はパートナーあってのものですので、お互い精神的にも肉体的にも気を細心に配ってあげることが最初の改善策と言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ